決算対策の業務の流れ


決算前半期と2月前に事前に利益予想を行います。
決算月が過ぎてから慌てて決算対策を行おうとしてた経験はありませんか?
既に出来ることは限られています。
その結果思わぬ税金を納めることになった方もいっらしゃることでしょう。
事前に利益予測を繰り返し行い、無理なく節税をし資金繰りに困らない決算を迎えたいものです。
  
STEP 1 定期訪問により月次単位で利益をつかむ
  
1.jpg
毎月正しく
利益を計算する

定期訪問を行って毎月の利益を正しくつかむことが重要です。
  
STEP 2 決算期までの予想を利益する 
 
2.jpg
決算までの利益を予想
する

会社の今後の売上・原価・費用の状況を社長や経理担当者にインタビューし、決算までの予測売上と費用を算出します。
それによりいくらぐらいの利益が出るのかを予測します。
  
STEP 3 決算対策で行う節税プランの立案と資金繰りプラン

  
3.jpg
会社の実情に合
った節税プランを提案します


社長や経理担当者と打ち合わせをしながら会社の実情に合った節税プランを提案します。
資金繰りに詰まるような節税プランは意味がありません。
税金の支払いを抑えことが出来ても結果的に会社の事業にマイナスとなります。
また、節税を実行しても利益額から多額の納税が生じることもありますので資金繰りにも気を配る必要があります。

赤字となる場合であっても決算対策は必要です。
融資を受けやすい決算を組む必要がありますので、赤字であっても半期、2月前に決算期までの利益予想は行います。
  
STEP 4 決算期までの節税プランの確認とチェック
  
4.jpg
予想通り節税
プランが実行
出来ようにサポートします

当初予想したとおりの節税決算プランとなっているか残りの期間でチェックして行きます。大幅に修正が生じる場合には再度検討をします。