顧問契約後の業務立ち上げの流れ


  ● 会社の状況把握とサポート内容を確認

顧問契約後にクライアント様と初めて仕事をさせて頂く時の業務の流れをご説明します。

我々は単なる帳簿処理だけの仕事をする訳ではありません。
財務関係全般に渡りアドバイスをさせて頂きますので、クラアント様の仕事内容や財務状況、経理処理の仕組みをお伺いし把握させて頂きます。
会社を立ち上げたばかりの方については一から経理処理の仕組み造りをお手伝いします。



STEP 1 会社の事業内容を確認

1.jpg
事業内容を把握し
提案に役立てます

 現状を正確に把握するために当事務所ではクラアントごとにお客様ファイルを作成致します。
このファイルにお客さまの事業内容、今の課題、お客様とのやり取りの記録、月次試算表、決算申告書、提案資料などをファイリングします。
顧問契約締結後には会社の定款や登記事項証明書、会社案内の会社の業況、前期分の決算書コピーを頂くのはその為です。
またより良く会社の状況を把握出来るように、実際に会社に出向き設備、製品や商品、サービス業務などを実際に見せて頂いております。

これらをまとめファイリングし、今後のクライアント様への提案に役立てます。

STEP 2 会社の経理業務の内容の確認 

2.jpg
役立つ会計情報と経理業務の合理化が目的
会社の事業内容について確認できましたら、具体的に経理処理の方法に進みます。
出来るだけシンプルに会計処理を行い、使える会計データを素早く作成するための改善を目的としています。
勘定科目の設定の仕方、シンプルで確実な会計処理の方法、税務調査で問題となる処理などを抽出します。
会社を設立して間もない方は会計ソフトでの処理をお勧めしておりますので、入力方法、勘定科目の設定、当事務所で作成した勘定科目一覧表などをお渡しして入力方法をお教えします。

記帳代行をご希望のお客様は、お預かりする資料について問題の無い会計処理ができるように当事務所で作成している記帳代行工程表を作るための簡単なヒアリングをさせていただきます。
多くの会計事務所は記帳代行にマニュアルを作成しておりません。
その為、担当者が変更になる度に引き継ぎが十分に行えず会計処理に不備が生じます。
こういった不備が税務調査時に必ず問題となりますので当事務所では税務調査時に確実に対応するためマニュアルを完全に整備しております。

STEP 3 社長の今後の事業展開や経理担当者との目標設定 

3.jpg
会社の事業展開に合わせて決算方針
は変わります

社長や経理担当者と打ち合わせをしながら会社の事業展開や目標についてお話を伺います。
会社の事業展開の方向性により会社の決算対策は異なります。
事業拡大をするためにはどうしても銀行からの融資が必要となりますので、銀行対策が不可欠です。
利益を出して銀行借入を有利にするとともに、納税資金の確保などといった資金繰り対策が必要になります。
また、事業拡大を狙わず地元で息の長い商売を目指す会社の場合には、無理の無い節税をして資金留保を行っていくことが重要となります。

STEP 4 業務がスムーズに流れるまで完全サポー

4.jpg
会社を完全にサポート
正しく会計処理が行えるようになるまで完全にサポート致します。
そしてSTEP3の会社の事業展開に合わせて財務的な側面から会社をサポートしていきます。