青色申告控除65万円を受けるためにはどうすればよいですか?


個人事業者が青色申告控除を受ける為にはまず前提として「青色申告承認申請書」を提出していることが前提となります。

この申請書を提出していない人は「適用を受けようとする年の3月15日」までが提出期限となっています。

その年1月16日以後に新たに開業した人は、「開業日から2か月以内」に申請書を提出しないとその年の青色申告は認めらません。

申請書の提出が済んでいる方は次の要件を満たす必要があります。

「正規の簿記の原則により帳簿処理がなされていること」

これは一般的には
@ 複式簿記などの一定の要件に従った正確な会計帳簿を作成すること
A この正確な会計帳簿に基づき財務諸表を作成すること

となっていますが、実務的には「会計ソフト」で正しく帳簿入力がなされていれば青色申告控除65万円の適用になります。

逆に申言うと、簿記の知識がある方でも手書きですべての会計帳簿(仕訳帳、総勘定元帳、財務諸表など)を揃えるのは困難であり、会計ソフトで処理をするしかないというのが現状です。

ご自分で申告する方は市販の「会計ソフト」を購入し正しく入力を行えば65万円控除の対象となり節税メリットが生じますのでチャレンジされては如何でしょうか。




問合せ1.gif