資金繰りとは?


◆ 資金繰りとは資金収支のバランスを取ること

資金繰りとは足りなくなった資金を銀行融資や個人借入で補い「支払資金がショートしないようにすること」と捉えている方が多いようです。

短期的に資金が足りなくならないように資金繰り表を作り、当座の資金が足りなければ金融機関から借り入れをすることが資金繰りと捉えている人が少なくないようです。

資金繰り表を作成することや当座の資金管理も金融機関から借入れできるようにすることも大切ですが、資金繰りは会社経営をする上でもっとも大事な活動の一つとして捉える必要があります。

会社の最大の目的はゴーイングコンサーンです。
継続して存続してくことです。

その為には利益を出して、会社を倒産させないことです。

会社の存続は、小手先の節税を考える前に利益を出し当座資金を増やし、資金を管理し、無理のない投資を行って会社を成長させることによって達成することができます。

会社の継続的な成長は資金繰りが上手にいって初めて成し得ることです。

その為、企業経営は資金繰りに始まって資金繰りに終わると言っても過言ではありません。
資金繰りはそれほど会社の経営にとって重要で本質的なことなのです。
それ故資金繰りの改善は、一夜にして出来るものではないことを自覚する必要があります。

その為に資金繰りにうまく行っていない経営者は、どうすれば資金繰りが改善し会社に資金が蓄積されるようになるのかを理解し、改善していこうという強い意志をもつことが大切です。


 

問合せ1.gif