フランチャイズ加盟金の会計処理の方法は?


フランチャイズに加盟する場合に、ノウハウ提供料、経営指導料、エリア取得料、仕入業務管理費など様々な名目で一時金を支払うことがあります。

こういった一時金で将来的にも返還されないことが確定しているものは、「繰延資産」として資産に計上します。

資産に計上された「繰延資産」は決算時に償却計算を行って決算整理項目で費用としていきます。

償却計算を行う為にはフランチャイズの加盟金の償却期間を何年にするかが問題となりますが、
税務上ではフランチャイズの一時金は「ノーハウ提供の頭金等」とされ原則5年間で償却計算を行っていきます。

フランチャイズの契約満了期間が5年以内の場合で契約の更新に際して再び一時金又は頭金の支払いを支払うことが明らかな時は、その契約有効期間の年数が償却期間となります。



問合せ1.gif