事務服の支給は現物給与として源泉徴収の対象となりますか?


会社が社員に衣服を支給する場合には現物給与として所得税の対象となることがあります。

所得税課税されるかどうかは「業務のみで使用されるものかどうか」により判定されます。

原則的には、業務上のみで使用されるものは所得税課税されませんが、「業務上で使用されるものでも業務以外でも使用できるもの」は所得税課税される可能性が生じますので注意が必要です。

一般的に課税されないもの

事務員の事務服、工場・建設勤務者の作業着、ユニフォーム

課税されると考えられるもの

スーツなど業務外でも使用できるもの


上記より、支給した事務服については所得税が課税されることはないと考えられます。



問合せ1.gif