駐車場をアスファルトで舗装した場合の取扱い

 駐車場や私道をアスファルトで舗装した場合の工事費用は構築物となります。

 

資本金1,000万円程度の小規模会社の場合、30万円未満であれば一括で費用として処理することができますが、工事費用が30万円以上の場合には構築物として固定資産に計上します。

 

アスファルト敷の舗装は、構築物として耐用年数「10年」を適用し減価償却していくことになります。

 

 

     問合せ1.gif