過大役員退職金でも退職所得となりますか?

 

税務上過大役員退職金とされた場合、法人税の計算上損金算入されない部分が生じます。

 

この場合でも退職所得として所得税・住民税を計算する場合には、退職金として役員に支給された退職金すべてが退職所得となります。

 

法人税の計算上は損金に算入されない部分が生じたとしても、役員に対して支払った退職金額に変化はありません。

 

その為、所得税・住民税を計算する場合には過大役員退職金かどうかを問わず計算がなされるのです。

 

 

   問合せ1.gif