役員や従業員に支給する結婚祝い金や香典の取扱い

 

専ら従業員の慰安のために行われる運動会、演芸会、旅行などのために通常要する費用については福利厚生費と取り扱われます。

 

また、役員や従業員に支給する費用で上記に類するような慰安の為に行われる費用は交際費から除かれ福利厚生費と取り扱われます。

 

役員や従業員が結婚した時に結婚祝い金を支給する場合や役員や従業員が死亡した場合の香典は、役員や従業員の慰安の為の費用に該当します。

 

その為、結婚祝い金や香典は福利厚生費と取り扱われます。

 

ただし社会通念上不相当に高額な祝い金や香典は福利厚生費ではなく給与と取り扱われる場合がありますので、社会通念上相当と認められる金額の一定の基準を定め、その基準に従って支給するようにしましょう。

 

また、出産祝病気見舞い金なども上記と同じように一定の基準に従って支払われる場合には福利厚生費と取り扱われます。

 

 

 

         メール.gif