社長の子供に支払うバイト代の取扱いは?

 

社長や役員の子供に支払うアルバイト代は、会社の業務に従事した正当な対価であれば税務上問題になることはありません。

ただ、社長や役員の同族関連者に対する給与は、実態が伴っているのかどうかを税務調査時に問題にされます。そのため、仕事の具体的な内容や仕事の証拠(書いた書類など)を明確にしておくことが必要です。

 

子供へのアルバイト支払額が他のアルバイトへの支払額や世間相場と比べて過大であるときは、その過大な部分は原則として社長や役員に対する給与と認定されます。

 

また、子供へ支払ったアルバイト代が業務に従事した実態がない名目的な支払であれば、この子供に支払ったアルバイト代が社長や役員に対する給与と認定されます。