会社設立費用の取扱

株式会社を設立した場合に発生する費用として

 

登録免許税、収入印紙代、定款認証費用、司法書士の手数料、個人の印鑑証明取得費用などがあります。

 

これらの株式会社設立に伴う費用はすべて「創立費」として繰延資産に計上します。

 

創立費は一旦支払時に資産計上し、決算で償却計算を行という流れを取ります。

 

会計上は5年以内に毎期均等額以上の償却という規定ですが、税務上は創立費は支払時に一括費用化が可能です。

 

そのため小規模会社の場合、実務上は一度創立費に計上し、決算時に創立費に計上した金額を法人の自由意思で償却します。

 

会社決算の状況により支払った期の決算で全額一括で費用化するか一定期間で償却計算するかを選択します。 

 

 支払時仕訳 

 

創立費 XXX  / 現預金 XXX 

 

決算時仕訳

 

 繰延資産償却 XXX / 創立費 XXX