印紙を間違って貼った場合

 

契約書に本来定められている金額より高い金額の印紙を貼ってしまった場合や印紙を貼る必要のない文書に間違って印紙を貼ってしまった場合には、間違って貼ってしまった印紙金額の還付を受けることが出来ます。

 

間違って貼ってしまった印紙の還付を受けようとする場合には、その契約書などの文書を所轄の税務署に提示し、印紙税過誤納確認申請書を所轄税務署に提出する必要があります。

 

 

印紙税過誤納確認申請書はこちら ←

 

印紙税過誤納確認申請書の書き方はこちら ←

 

この還付は、現金での還付ではなく後日預金口座に過誤納付の金額が振り込まれます。