印紙税とは?

印紙税とは?

 

印紙税とは、領収書や契約書など主に文書の内容を証明する目的で作成される書類に課税される税金です。

印紙税は自主納税制度をとっていますので、文書の作成者が自ら課税文書かどうかを判断し、作成した文書に正しい印紙を貼ることによって印紙税を納付しなければなりません。

 

印紙の消印

印紙税は一般的には、文書に収入印紙を貼り付けこれに消印をすることによって初めて納付したことになります。

消印をする人は、文書の作成者の他、役員、従業員、代理人などでもかまいません。

消印の方法は、印鑑を収入印紙と文書の両方に重なるように押す方法が一般的です。

印鑑を押す方法以外にも、氏名、名称などを手書きで消印する方法なども認められています。