会計ソフトで経理する

 

これから事業を始める方やまだパソコンで会計処理を行っていない方には会計ソフトを利用した経理処理をお勧めします。

一番のメリットは何か?

 

それは簿記の知識がなくても会計処理ができる

 

ということです。
   
最近の会計ソフトは簿記の知識がなくても簡単に入力ができるように工夫されています。

また、自社業績の把握が容易に出来き、間違った処理も簡単に修正が出来ます。


会計ソフトは自動的に現金や預金の残高計算をしてくれますので金額修正や計上漏れになっていた領収書の挿入が簡単に出来ます。
帳簿なら電卓で計算しなおさないといけませんが、その必要がなくなります。
経理処理にかかる時間が節約出来ます。

また、使いやすい会計ソフトが2万〜4万円程度で手に入りますので費用がほとんどかかりません。


会計ソフト一つで売上先の管理や手形管理まで出来るので費用対効果が高いです。

 


会計ソフトで処理をする場合のお約束
 


・簡単に定期的に行いましょう


小規模会社の経理処理は合理化すればほとんど時間がかかりません。
毎日定期的に処理を行なっていくか、まとめて毎月2,3日で処理を行うかは自由ですが必ず毎月必ず経理処理を行いましょう。


毎月経理処理を行い、必ず自社の業績把握を行いましょう。


・科目は固定しましょう


経理処理を行う時に守って欲しいのは同じ取引なら毎回同じ科目で処理をするということです。例えば高速代を旅費交通費と決めたらすべて旅費交通費するということです。

 

一度決めたら継続的に同じ科目を使い続けるということです。


・科目はある程度自由に決めて良い


科目はある程度の範囲で自由に決めて良いものです。継続的に同じ科目を使い続けることを条件に、自社になじむ科目を選びましょう。


水道光熱費 電気代、ガス代、水道代
通信費 電話代、宅急便、切手、葉書
旅費交通費 電車等の交通費、高速代、旅費手当
支払手数料 振込手数料、会計事務所報酬
接待交際費 飲食費、ゴルフ代、手土産など贈答品購入費
地代家賃 事務所家賃、駐車場代
車輛関係費 ガソリン、車検費用、自動車の税金、任意保険、車修理代
福利厚生費 従業員残業夜食、従業員のお茶菓子代、健康診断
法定福利費 会社加入の社会保険料の支払い
保険料 会社契約の損害保険、会社契約の生命保険
租税公課 固定資産税、印紙代
研修図書費 書籍、新聞、研修会費