個人事業と会社の税金の違い

個人事業と会社組織。税金で有利なのはどちらでしょう?

1 個人事業 

メリット

@ 利益(所得税では所得と言います。)が出なければ税金O円

A 申告が楽。特殊な業種でなければ確定申告は自分でできる。

デメリット

@ 経費が認められにくい。
A 累進課税の為、利益によっては会社よりも多く税金を納めることになる。
B 個人事業税の負担が結構重い。
   詳しくはこちら
C 奥さんに支払う給与は一定額までしか認められない。
   しかも青色申告なら届出書の提出が必要。

 

2.株式会社

メリット

@ 経費が認められ易い
A j自分に支払う給料(役員報酬)が経費になる。
   小規模会社では、実はこれが最大のメリット。

デメリット

@ 利益が出なくても法人都民税(法人市県民税等)で最低7万円の税金が発生する。
   7万円でも結構痛い。


A 自分で申告することは難しい。税理士に依頼すると費用がかかる。

 


 まとめ

個人事業は利益が少ない場合有利。

個人事業は利益が増えれば増えるほど税率が高くなる。

最高(所得税と住民税を合わせて)50%。

では幾らぐらいの利益なら会社のほうが有利になるのでしょう?

一般的には個人事業の利益で700万円程度がラインと言われています。

しかし、一概には言えませんのでシュミレーションをしてみる必要があります。

もし、税金面で株式会社化を考えるのであればぜひ税理士にご相談することをお勧めします。