事業計画書の作成しよう!

事業計画書は自分が頭に思い描くビジネスを具体的な数字や文章で事業として成立するかどうかを確認する作業です。

自分のイメージを具体的な文章や数字に落とし込むことで事業として成り立つかどうかを確認することができます。

もし、具体的な事業計画書が描けない場合には事業のどこかに無理があるかもしれません。

金融機関から借り入れをする場合や外部から出資者を募る場合には必ず提出を求められるものが事業計画書になります。 この場合、事業計画書に記載された数字や文章が根拠のあるものでないと融資担当者や出資者を納得させることがで来ません。

そのため事業計画書はよく考えて作成しましょう。